★住宅ローン審査のあれこれ

住宅ローンが心配だな・・・
住宅ローンの審査に落ちてしまった・・・
借入があるけど大丈夫かな・・・

などなど
多くの方が住宅ローンで悩まれていらっしゃいます。

そこで、ローン審査の仕組みを少しお伝えします♪

審査が通らない理由が事前に分かれば
最適な金融機関で融資してもらえるうように
戦略が立てられます!

ひとつの金融機関で審査が通らなかった方も
他の金融機関で再チャレンジすることができます!


当社には住宅ローンに強いスタッフが在籍しております。
なかなか他の会社にはいない自慢のスタッフです。

ぜひお気軽にご相談下さい(^^♪

★★★ 住宅ローン審査のポイント ★★★

〇年齢制限
〇年収・返済比率
〇雇用形態・勤続年数
〇車やカードローン等の支払履歴

主にこの4つが住宅ローン審査に通過するポイントです!

■■■ 年齢制限について ■■■

どこの銀行も
満20歳から完済時年齢が80~82歳前後という条件
があります。

(各金融機関によって若干の誤差あり)

【例】
 第四銀行→借入時満20歳以上満71歳未満
         完済時満82歳未満

 大光銀行→申込時年齢満20歳以上69歳以下
         完済時81歳以下

 フラット35(住宅金融支援機構)
       →完済時年齢が80歳まで

★20代前半の方や40~50代などは、
 どうしても審査基準が厳しくなる傾向にあります。

→20代前半の方は、勤務先が重要視されます。
→40代~50代の方は、退職金予定額の確認や、
  年金定期便の提出を求められます。


それと「団体信用生命保険の加入できる方」が条件となります。
ただし、フラット35や労金は、団体信用生命保険の加入は任意です。健康上の問題で加入できない方でも住宅ローンが利用できます。

■■■ 年収・返済比率について ■■■

住宅ローン審査にあたり、金融機関の条件として最低年収が設定されています。

年収150万円~250万円以上の方という条件があります。

自己資金0で借り入れを検討される場合は、
【年収の7倍】が借入額の目安とされています!

●返済比率について

返済比率とは、
年収に対する年間の合計返済額の割合のことです。

「返済比率の割合」が重要なポイント!
目安として年収の30%と考えるのが良いでしょう!

●返済比率の計算方法

ローン年間返済額+他借入年間返済額÷年収×100

例えば、、、
年収400万円で車のローンを月3万円返済中
という条件で計算してみます。

そこで、2,800万円の借入を起こす場合

〇住宅ローンの返済額
・・・月額79,000円、年間948,000円
〇その他の借入(車のローン)
・・・月額30,000円、年間360,000円
 ↓
■住宅ローン年間返済額 948,000円
 +
■その他借入 360,000円
 ||
■年間返済合計金額 1,308,000円
 ↓
●年間返済合計金額 1,308,000円
 ÷
年収400万円
 ||
0.327
 ↓
0.327 × 100 = 32.7%

すなわち、この例題でいうと
返済比率は【32.7%】ということになります。
2.7%オーバーしてますので、もしかしたら希望額を借りられないかもしれません。

※車の借入0円で、他の借入も0円の場合だと・・・
  23.7%の返済比率になります。

近年では金融庁が年収の30%以内の借入にするよう金融機関に指導しているというニュースも・・・
なので、返済比率の目安は30%以内で考えられると良いかと思います!

オーバーしてしまう場合でも・・・
フラット35など他の金融機関だと対応できる場合もあります!
その他借入を住宅ローンに組み込むことで返済比率を抑える方法もあります!
ぜひ一度ご相談していただければ幸いです(^^♪

■■ 雇用形態・勤続年数について ■■

■サラリーマンの場合・・・

 勤続年数1年以上というのが一般的な条件です。

 しかし・・勤続年数1年未満でも審査可能です!

 前職の職種・業種などの関係性や、
 銀行への審査申込の仕方も重要
になります!


■完全歩合制、自営業者、企業経営者の場合・・・

 勤続年数3年以上で3期分の確定申告や、
 決算書の提出が必要です


 個人の収入と会社の収支が審査基準になるので
 会社員の方に比べて審査基準が厳しくなります。

 しかし、金利は上がってしまいますが、
 自営業者などの方への融資に力を入れている
 金融機関もありますのでお気軽にご相談下さい♪

■ 車やカードローン等の支払履歴 ■

支払い履歴については
金融機関が最初に調べる項目で
【一番重要なポイント】!


支払い履歴が悪い状況だと
どんなに年収が高い方でも融資が認められません。


1回や2回の延滞履歴であれば
金融機関への出し方などの工夫によって
なんとかなる場合もあります!

金融機関によっては支払い履歴が悪くても
金利や保証料を上げれば融資するプランを
用意しているところもあります!


最近では、携帯電話本体の分割払いが
原因となる事例が増えてきております。
携帯は借入であるとの認識が薄いことから
入金し忘れてしまったことにより
支払い履歴に「延滞あり」と記録されてしまい
住宅ローンが借りられない事例も増えております。


「携帯電話の支払い」「クレジットの支払い」など
支払い履歴は、個人で調べることも可能です! 

気になる方・不安な方は
【指定信用情報機関・CIC(シーアイシー)】で
調べてみることをオススメしています。

◆インターネットまたは郵送で情報開示ができます。
    ↓
(CICのURL)※クリックでページが移動します
https://www.cic.co.jp/

●●●●●● まとめ ●●●●●●

住宅ローンは・・・
「年齢」
「年収・返済比率」
「雇用形態・勤続年数」
「車やカードローン等の支払い履歴」など
総合的な評価で融資の判断がなされます。

金融機関によって審査条件、適用金利などの
さまざまな違いがあります。

某銀行は金利は低いが審査基準が厳しかったり
自己資金を出すことで審査が通りやすくなったり
金利が下がったり・・・


お客様の状況によって
どの金融機関が適切かを判断して
審査を申込することが大事になってきます!



金融機関が特に重要視しているポイントとして・・
「車やカードローン等の支払い履歴」
「返済比率」
なんと言っても、この2つが重要になってきます!

しかし、審査に落ちても諦めないでください!
一度落ちてしまったが、当社にご相談いただき
別の銀行で融資がOKになった方もいます!


気になる方は
【住宅ローンに強い越後ホームズ】に
お気軽にご相談ください!!!

■他の借り入れがあっても大丈夫!

●車のローンがまだあるから・・・
●リボ払いが少し残ってるから・・・
●奨学金・学資ローンがあるから・・・
●消費者金融から借りてしまった・・・

このようなことがあっても諦めないでください!

銀行によっては今ある借り入れを借り換えることを
条件に住宅ローン
貸してくれるところもあります!

借り換えにより、今の金利より負担を抑えることもできます!

当社では借り換えの実績も多数ございます。
状況によりご提案する金融機関も様々です。

このようなお悩みをお持ちの方は
ぜひ越後ホームズにお気軽にご相談ください♪

秘密厳守でお手伝いいたします(^^)/